老人介護と生活の両立

未来の見えない老人介護、終わっても何も残らない老人介護、自分勝手の結果の孤独死の結果行政に多大な迷惑を掛ける老人。
日本の将来は果てしなく暗く寂しいものになると言われています。
ですが、殆どの社会学者が言うような言葉をこれからも生きていかなければならない私たちは受け入れるわけにはいきません。
これまでは自分の親や兄弟が介護を必要としていて、その介護から逃げる事はできませんでした。
それは、世間体や形骸化されたモラルなど自分自身の保守から来る選択でしたが、現在の日本では介護をしている側が老人の道連れに過労死してしまう場合も多発しています。
これからは如何に老人介護を他人に押し付けられるかが生存への鍵になってきます。
その一つの手段として老人ホームは極めて有効な選択仕と言えるでしょう。

身勝手な老人介護を楽しくする方法
老人介護を行っているサービス
老人介護の明るい未来
老人介護と生活の両立