身勝手な老人介護を楽しくする方法

これまでの老人介護に介護側の個性は邪魔とされてきました。
その意識が、殺風景になりがちな介護現場を更に寂しい風景に変えてしまいます。
お年よりは過去を見て生きている生き物です。
晴れやかだった生活、人から頼りにされていた仕事。
老人介護で必要になってくるのは老人を如何に過去へ回帰させてあげるかが重要です。
どちらにしても、先細りなので、下手に過大な希望を与えるような事を言うと後でダメージをでかくしてしまいます。
とあるサーチ会社の調べだと、現代の老人は昭和時代の老人と違い、本来老いと共に身に着けるはずの威厳や常識が欠如しているそうです。
これは、彼らの世代が苦労をする事が目的になってしまい、苦労をする理由がないがしろにされていたためだそうです。
本来、人はより幸せな状態になるために苦労をしますが、団塊の世代を中心にした世代は苦労をすることが美徳でカッコいいと認識してしまったようです。

身勝手な老人介護を楽しくする方法
老人介護を行っているサービス
老人介護の明るい未来
老人介護と生活の両立